日本の原風景

本日は足をのばし、栃木県の足利。

足利は歴史のある街ではあるのですが、この場所は特別な建築や名庭があるようなところではなく

山があって川があるようなごく自然の場所。普通に木や草が生え、石が転がり苔生してます。

それが僕にとってはかなり特別な場所であって、いつみても全く飽きない、そしてずっと見てられるような景色です。

庭の原型というか日本の原風景というような感じで、五感すべてを感じさせられるのだけれどもインセンシティブにもなるような空間です。

人が造った名建築や名庭を見るときの緊張感とはまた違う安らぎを感じるような感覚。

日本人のDNAなのでしょうか。僕にとってのパワースポット?充電できる場所かな。島田

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする