田園調布の庭②

田園調布の庭、先週工事無事終えました。今回は軽井沢のような自然風な雰囲気を演出すること、お施主様が大事に育てているバラを手入れしやすいように庭を回遊できるような動線を得ること、千住博美術館のようなカラーリーフを色彩のポイントに取り込むことがリガーデンのミッション。既存の庭の味わいは残しながらのリニューアルだったので、エイジングに合わせ、石、枕木、レンガ等、すべて古材を使用。様々な角度からフレーム枠に景色を描くようにペイビングし下草や低木の移植を施す。フォーカルポイントに鉢、バードバス、オリジナルで作ったベンチ等も配して各景観がパターン化しない様に工夫しました。工事後半、庭を大事にしていらっしゃったという亡き旦那様のお写真がリビングメイン窓から庭に向けられてた時は身の引き締まる思いでした。喜んでくれていれば尚幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする