English

Private Garden 個人邸の庭

世田谷区 K邸

玄関扉を開けたガラス越しの正面、渡り廊下の窓、茶室の雪見障子、 二階のリビングの窓からと3面+1面の構成の景観を主体とした坪庭です。 玄関正面のフォーカルポイントには伊達冠石の水鉢を配し、 盛り土と砂利による枯山水のスタイルに瓦の小端立てにより波紋様を表しました。 お父様の形見であったというシュロチクも地におろし景観の一部として、ガラスを隔てて二つの世界観を創造いたしました。